うつ病 パニック障害 症状

うつ病とパニック障害の症状とその対策

うつ病やパニック障害といった精神疾患は近年社会情勢の変化やライフバランスの崩れからとてもポピュラーな精神疾患となってしまいました。

 

 

 

「うつ病とパニック障害の症状」

 

 

 

うつ病とパニック障害はどちらも、社会的に適応できにくい状態が長く続き、特に2週間以上気分の回復がみられないことが初期症状です。

 

 

 

うつ病では気分的なむらができ、何をやってもマイナスに考えてしまって、自分が悪いから周りがうまく事が進まないのだと考えがちです。

 

 

 

自分の対応できるキャパシティから逸脱した状態が長く続くと、抑うつ状態から抜け出せなくなり、ひどくなると寝てから起き上がれない状態になります。

 

 

 

また、パニック障害の症状ははうつ病とよく似ているのですが、不安感が前触れもなく急に襲ってきて、

 

 

 

 

その場から移動できなかったり閉じ込められてしまった状態に感じることが、時にはこのまま自分が死んでしまうのではないかという大きな不安が感じられます。

 

 

 

 

その不安によって、また発作が起こったらどうしようという不安が増大していくのが特徴です。

 

 

 

「うつ病とパニック障害の治療」

 

 

 

基本的には、カウンセリングと薬物治療です。

 

 

 

抑うつ症状やパニック障害不安がでたらできるだけ早く精神科医師のもとで治療を開始すればするほど、回復は早くなる傾向にあります。

 

 

 

日常生活ができるくらいになれば、投薬をやめずにそのまま飲み続け、カウンセリングと減薬が次第に有効な手段となります。

 

 

 

しかし、減薬する際には薬の禁断症状が現れるのが普通のことであり、簡単には薬物治療をやめられません。

 

 

 

一生懸命に頑張って直そうとまじめに考える人ほど、減薬の禁断症状が現れやすく、脳が自然に回復するのに時間をかけるのがよいです。

 

 

 

「うつ病とパニック障害にならないための対策法」

 

 

 

頑張りすぎ、相手や周りのことを優先的に考えて、自分の意見はあまり外に出さない人。

 

 

 

自分の思いを外へ吐き出さず、いつの間にかストレスをため込むとうつ病、パニック障害になりやすいです。

 

 

 

ならない、またはなりにくい体質にするためには、自分の意見をできるだけ言う、自分がいやなことは上手に相手に伝える、

 

 

 

ストレスをため込まない、また適度な軽い運動をすることが自分の身を守ることになります。

元々、パ二ック障害という精神疾患自体は、急な動機やめまい、頭痛、嘔吐、思考力低下その他からなる身体面においての症状と、

 

 

 

同時に心理面においての死への異常な恐怖の恐れを感じる内的な症状の2つを伴う疾患のカタチですので、

 

 

 

生理学上あるいは精神薬学上、セロトニンの欠乏により、こうした心身両面においての様々なカタチでの症状が表出するのが大きな特徴といえます。

 

 

 

このため、段階的に時間を掛けながら服用を行いゆっくり治療効果をもたらす抗うつ剤や、

 

 

 

症状が重い時などにおいてその場でどうしても症状を抑えなくてはならない場合に用いる即効性のある抗不安剤、

 

 

 

それらの薬がどうしても苦手である方などに好評があるものの、効果面においての劣りがある漢方薬、

 

 

 

以上の治療薬剤では不足なカバーを行う役目を果たす抗精神薬その他、様々治療薬剤があります。

 

 

 

とくにそれらの中でも現在、誤った服用などで副作用が出たりして、中毒などの症状を伴い他の薬剤類を受け付けないようになる分離状態をもたらし、

 

 

 

その薬のみを用いるようになる依存症になったりしてしまう傾向が抗不安剤にはあり、現在とくに問題になっています。

 

 

 

抗不安剤は先程も話したように即効性に大変優れたりしている事からも、症状が大変重度である場合にのみ用いる治療薬の一種ですが、

 

 

 

使い方を頻繁かつ過剰な量に用いたりするような間違った使用方法を採ると、先程話した分離や抗不安剤が次第に効かなくなりそのため余計な多量な量を用いてしまい、

 

 

 

それで薬物中毒になってしまうといった耐性による副作用の例が、まさにそれです。

 

 

 

そしてこの耐性での過剰な量からなる抗不安剤のみの用途により中毒状態になり、様々な場面での健康面においての影響が出始め、

 

 

 

治癒が困難になり、最悪の場合には死亡してしまうか廃人になる可能性があるという、大変な危険性があります。

 

 

 

このようにとくに、抗不安剤の用途方法には慎重に配慮をする必要性がありますので、

 

 

 

出来ることならなるだけ、この即効性に育んだ抗不安剤を用いる事を止めて、

 

 

 

抗うつ剤や抗精神薬、漢方薬などをなるだけ用いるようにする事が無難かもしれません。

続きを読む≫ 2016/08/24 17:53:24

最近よくパニック障害という病名を耳にします。芸能人の方が何人も、この病気に苦しめられていることなどで、よく知られるようになりました。

 

 

 

このパニック障害ですが、原因としては、過度のストレス、睡眠不足や生活習慣の乱れ、アルコールやタバコ、カフェインなどの過剰摂取などが考えられます。

 

 

 

また、近年ではスマートフォン過度な使用なども原因として考えられています。

 

 

 

パニック障害と聞くと、精神的な病気で「心の持ちよう」や「気合い」で治ると考えている人もいまだにいるようですが、それは大きな間違いです。

 

 

 

全ての原因が解明されている訳ではありませんが、脳の機能障害が原因であることが分かりつつあります。

 

 

 

パニック障害の発作には、眩暈や動悸、息苦しさなどの様々な症状が起きます。

 

 

 

この発作はいつどこで起こるかが分からず、患者はその発作の不安と日々戦う事になります。

 

 

 

では、発作が起こった時には、どのような対処法をとればよいのでしょうか。

 

 

 

まず、知っておくべきは、発作が起きたからと言って死ぬわけではないという事です。発作は数分から数十分で必ず治まります。

 

 

 

発作が起きたときは、「すぐに治まる」「いずれ必ず治まる」と言い聞かせることが重要になります。

 

 

 

「恥ずかしい」「不安だ」と感じると、さらに症状がひどくなることもありますので、必ず治まると言い聞かせるようにしましょう。

 

 

 

また、呼吸に意識を集中させることも有効です。

 

 

 

発作時は呼吸が浅くなり、それを恐怖に感じる人も多い為、ゆっくりとした深い呼吸を心がけることで、浅い呼吸への対応ができます。

 

 

 

日頃から呼吸法を練習しておくと、いざという時に役に立ちます。

 

 

 

この他にも、発作が少し治まった時に、意識を他のところへ向けるなどして、気を紛らわせたり、リラックスできるツボを押したり、親しい人の声を聞くなど様々な対処法があります。

 

 

 

パニック障害は対処法さえ知っていれば、怖い病気ではありません。日頃からしっかりと準備をし、いざという時に対処できるようにしておきましょう。

 

 

 

こちらのサイトもみて下さい⇒パニック障害を克服.com

続きを読む≫ 2016/08/24 17:50:24

パニック障害は、めまいや動悸を引き起こしたり、呼吸が苦しくなったりする生じようが現れます。

 

 

 

パニック発作とも呼ばれるように、こうした症状が発作的に起こるため、不安や恐れを感じるものです。

 

 

 

飛行機に乗るときに、パニック発作が現れるということがしばしば生じます。

 

 

 

それは、飛行機は閉鎖された空間で、何かあっても外に逃げることができないという特別な環境だからかもしれません。

 

 

 

こうした環境が不安をかき立てるわけです。しかし、発作が心配でも、出張などでどうしても飛行機に乗らなければならないときがあります。

 

 

 

パニック発作を起こさないためには、専門医の治療を受けることが大切です。

 

 

 

専門医は数多くの症例を見ているので、その人に合った診断と対処法を提案することができます。

 

 

 

飛行機に乗らなければいけなくなり、そのことが不安なら、まず担当医に相談してみましょう。

 

 

 

相談するだけでも、安心感が芽生えてきます。

 

 

 

また、実際に飛行機に乗っているときに発作が起きたらどうすればよいのかも事前に尋ねておくようにします。

 

 

 

まずは、独断で物事を進めてしまうのではなく、お医者さんと相談しつつ進めていくことで、安心感を抱くことができるでしょう。

 

 

 

たいていは発作が起きてもしばらくすると落ち着いてきます。

 

 

 

ですので、発作が起きても「大丈夫だ」と自分に言い聞かせるようにします。

 

 

 

発作に対する自分の意識を調整するだけでもいくらか楽になるかもしれません。

 

 

 

それでも、不安が軽減されなければ、飛行機に乗るのを止めるという決断をするのも大切なことです。

 

 

 

出張であれば、上司に事情を説明し、代わりの人が行くことができるかもしれません。

 

 

 

また、日程や時間を調整すれば、飛行機ではなく新幹線などで移動するように計画できるかもしれません。

 

 

 

いずれにしても、パニック障害は自分一人で解決しようとせず、専門医に相談することが大切です。

 

 

 

そして、自分のことを分かってくれる信頼できる仕事仲間にも事前に相談しておくとよいでしょう。

続きを読む≫ 2016/08/24 17:48:24